頭痛と漢方薬



漢方薬には長い歴史があり、当然頭痛の治療にも使われています。しかし、現在の頭痛治療は西洋薬が主体で、「漢方薬が効くの?」とか「煎じないといけないので面倒では?」とか言われることも多く、患者さんに漢方薬の効果が知られていないようである。「慢性頭痛の診療ガイドライン」には、呉茱萸湯は片頭痛、桂枝人参湯は片頭痛と緊張型頭痛、釣藤散は緊張型頭痛、葛根湯は緊張型頭痛、五苓散は二日酔いや血液透析に伴う頭痛に有効とされています。最近の漢方薬はエキス製剤といって顆粒状のものがパックになっているものが主に使われていますので、携帯に便利で簡単に服用することができます。病院で処方されるものについては健康保険がききますので、あまり値段も高くありません。また、頭痛に西洋薬、特に消炎鎮痛薬を使っていると胃腸障害が少なからず起きるこことがあることから、そのような患者さんには漢方が向いているのではないかと思われます。

293回の閲覧