くも膜下出血の再発

最終更新: 2019年7月26日



一度くも膜下出血になり、脳動脈瘤の開頭クリッピング術あるいはコイル塞栓術を受けて社会復帰をされる方は大勢いらっしゃいます。ところが、最初の手術から10年程度経過した時に、ふたたびくも膜下出血の発作を起こすことがあります。原因の多くは、最初に治療を受けた動脈瘤の再増大や別の場所に新たにできた動脈瘤の破裂です。くも膜下出血の再発は予防できないのでしょうか。

予防できます。最初の手術の後からMRIなど脳血管を調べることができる方法で、定期的に検査を受けていけば破裂前に処置することが可能です。一度検査で脳血管に異常はないと言われた方でも、少なくとも2−3年に1度は検査を受けた方がよいと思います。

これは小さな未破裂脳動脈瘤をお持ちの方にも当てはまります。動脈瘤が小さいからといって油断せず、定期的な検査を受けておいてください。もちろん、禁煙につとめ高血圧がある場合には、その治療も必要です。

0回の閲覧