ストレートネックと頭痛

最終更新: 2019年6月11日


頭痛がある方に、首こりや肩こりの有無をお聞きし、「ある」と答えられた方の頸椎レントゲンを撮影してみると高率に「ストレートネック」が見られます。通常の場合、頸椎の並びは前方に凸のカーブを描きますが、「ストレートネック」の場合、これが直線化したり、逆に後方にカーブしています。この理由は、デスクワークを続けたりスマホを使いすぎると頸椎が直線化してくるためです。重たい頭を細い頸椎や周囲の筋肉組織が支えているのですが、この状態になると筋肉の負担が大きくなっていることを表しています。頭痛のみならず、眼精疲労、めまい、吐き気などが起きてくることもあります。首回りは女性の方が男性より細いことから、女性に多く見られます。

予防には、普段から猫背姿勢やその反対の反り腰姿勢を避けること、短時間のストレッチなどが有効です。ストレッチの方法は、「ストレートネック」で検索するといくつか出てきますので、ご自分にあった方法を選びましょう。

1,550回の閲覧