クモ膜下出血は予防できる

                                                                                                                        

ほとんどのクモ膜下出血は脳動脈瘤が破裂して起きます。クモ膜下出血の男女比は1:2と女性に多く、40 才を超えてから多くなってきます。脳動脈瘤はMRI検査で脳血管を調べることで見つけることができます。脳動脈瘤ができやすい人は、家族にクモ膜下出血になった人がいる、血圧が高い、喫煙歴(受動喫煙も含め)があるなどの場合です。これらに該当する場合は、40才を過ぎたら一度MRI検査を受けましょう。

132回の閲覧