クモ膜下出血による頭痛


クモ膜下出血による頭痛は、”ハンマーで突然殴られた”ような激しい頭痛と形容されることが多いのですが、軽い頭痛であることも少なくありません。特にクモ膜下出血の量が少ない場合には激しい頭痛にならないことがあります。また、高齢者の場合、頭痛ではなく、”胸が痛い”とか”お腹が痛んでムカムカする”などと表現する場合があります。こういった場合、痛みなどの症状だけからクモ膜下出血と判断することは難しいのですが、Key Wordは”突発する”痛みだということです。”何時何分に”起きた頭痛だとわかる場合には、クモ膜下出血などの危険な頭痛の可能性があります。注意しましょう。

100回の閲覧